から揚げから揚げ粉レビュー美味しいもの

日清から揚げ粉の2種類を比較!
<から揚げ粉レビュー第二弾・第三弾!>

から揚げ

こんにちは♪kenchicoです♪

いきなりですが、我が家のやりとり。

kenchico
kenchico

皆さん、唐揚げは好きですか?

むすこくん
むすこくん

僕は好きです❤ 焼肉もお寿司も好きだけど♪

パパさん
パパさん

もちろん、パパも大好きです!!! 

毎日でも食べることが出来るよ!!!

お肉最高~! から揚げ最高~!

kenchico
kenchico

お弁当にも、お酒のつまみにも唐揚げは必ずだもんね~!

もちろん私も大好きだけど( ´艸`)ムププ

というわけで、

ダイエットしているにも関わらず、から揚げを作り続ける私です( '∇')ウフフフフ 

今回は唐揚げ粉レビュー第二弾・第三弾を発表したいと思いますヾ(*´∀`*)ノ

そして、今回は皆さんご存じの方も多いことでしょう!

大定番の、日清唐揚げ粉です!

「ノーマルタイプ」と「お肉が柔らかくなるタイプ」の二つをレビューしたいと思います

この記事を書いた人
kenchico

青森県生まれ。
東京学芸大学中等科美術科へ進学後、営業・サービス業で日々精進してきました。
現在茨城県在住。
小6男児を持つ肝っ玉母さん。
自分がやりたい事と真剣に向き合ってみようとブログを始めました。
趣味の料理・ソーイング・DIYなどで生活に活力を与えることが出来る情報を発信していきます。
笑顔で幸せを呼び込もうヾ(*´∀`*)ノ♪

♪フォローしてね♪

 <日清から揚げ粉・香りたつスパイスと香味野菜の風味>

前回も、日清の製品でしたがそちらは袋ごと使える新商品でしたね。

今回は、ど定番の「から揚げ粉」になります。

香りたつスパイスと香味野菜の風味です。

商品内容を見てみましょう。

 商品内容

kenchico
kenchico

以下、袋裏面の抜粋です。

原材料名:小麦粉、食塩、デキストリン、香辛料、ぶどう糖、粉末しょうゆ、乳糖、砂糖、チキンエキスパウダー、発酵調味料粉末、粉末酒、にんにく粉末、植物油脂、ねぎエキス粉末、酵母エキス粉末、たん白加水分解物、卵白粉、鶏脂/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、㏗調整剤、パプリカ色素、香辛料抽出物、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)

内容量:100g

こちらは、別に用意した袋で鶏肉に粉をまぶすタイプです。

内容量は100g、鶏もも肉4枚分もあります。

では、作っていきましょう♪

 作り方

<材料> 
から揚げ粉1/2袋(50g)
鶏肉500g(もも肉なら2枚分)

<作り方>

①まぶす

・一口大にきった鶏肉に、から揚げ粉を良くまぶします。(水溶きはしません)

3分おく

・しっとりなじむまで3分間おきます。

③揚げる

160~170℃に熱した油で、約4分間揚げます。

kenchico
kenchico

味をなじませるために3分間おくんだね。

実際に作りますよ~!

実際に調理しますヾ(*´∀`*)ノ

①一口大に切り、ビニール袋に入れます。

②ビニール袋にから揚げ粉を入れて、まぶします。(3分間起きます。)

③160~170℃の油で4分間揚げます。

パパさん
パパさん

じっくり4分間揚げてカラッとさせるんだね~♪

④揚げ完了。カラッっと揚がりました♪

⑤真ん中で切った状態です。じゅわ~っと肉汁が出てきました。

 味・食感

揚げ上がりの写真からもわかるように、第一弾のから揚げ粉よりも、粒が感じる粉です。

粉の粒が感じられて、カリッとしています。

香辛料がかなり効いていて、じゅわーッと肉汁がでてきます♪

フライドチキンに近い味ですね♪

私は大好きな味です!

4分間の揚げでも色づきがよく、カラッと揚がってました。

時間が経ってもべたッとなりませんでした。

こちらの方が、色づきがいいような感じがしました。

だから、こちらはあげ時間4分間に設定しているのかな、と納得しました~!

ではでは、続いて、第三弾!

お肉がソフトになるタイプいってみましょう~ヾ(*´∀`*)ノ❤

<日清から揚げ粉・お肉がソフトになるタイプ>

こちらは、むね肉も美味しく仕上がるように開発された<お肉がソフトになるタイプ>です。

私の記憶が確かなら・・・

鶏ハムが流行ったあたりに、鶏の胸肉ブームが起きたのですがその頃に発売されたものだったと思います~。

ダイエットにも良いと胸肉ブームが起きてから、胸肉の値段が以前より高くなったんですよ~!!!

kenchico
kenchico

そういえば鶏ハム懐かしくってこの間、自分風に簡単(適当に)

作ってみたらめちゃめちゃ美味しかった~♪

今度鶏ハムも書こうかな( ´艸`)ムププ

商品内容

むすこくん
むすこくん

以下に記載しているのは、商品袋の裏面の抜粋ですよ。

原材料:小麦粉、粉末しょうゆ、デキストリン、食塩、しょうが粉末、米粉でん粉、発酵調味料粉末、乳糖、こしょう、にんにく粉末、とうがらし、ねぎエキス粉末、植物油脂、たん白質加水分解物、チキンエキスパウダー、酵母エキス粉末、卵白粉、鶏脂/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、㏗調整剤、増粘多糖類、乳化剤、酵素、(一部に小麦・卵・乳成分・大豆・鶏肉を含む)

内容量:100g

こちらも内容量は100g鶏もも肉4枚分です♪

ノーマルタイプ(前出第二弾)と違う点は、米粉・でん粉が入っていますね。

米粉・でん粉でカラッと揚がるように調整しているようです。

また、酵素が入っているので、その効果でお肉が柔らかくなります。

作り方

<材料> 
から揚げ粉1/2袋(50g)
鶏肉鶏肉約500g(もも肉なら2枚分)

<作り方>

①まぶす

一口大に切った鶏肉にから揚げ粉をよくぶします。(水溶きしません)

10分間おく

・しっとりなじむまで10分間置きます。

③揚げる

160~170℃に熱した油3分間揚げます。

kenchico驚
kenchico驚

こっちは10分間も置くんですね~!

それがむね肉でも柔らかくなるポイントかな?!

実際に調理しますヾ(*´∀`*)ノ

このから揚げ粉は酵素が入っているので、お肉を柔らかくする効果があります。

①一口大に切る。

②しっとりなじむまで、他よりちょっと長めの10分間置きます。

10分間置くことで、酵素が働き、お肉を柔らかくするようです。

絵面が一緒だったので写真撮らなかったのですが・・・

10分と長く置いたので、やや粉がしっとりねっとりしていました

③160~170℃の脂で3分間揚げます。

こちらはもっと早い3分間のあげ時間。

しかし、色付きが早かったです。

下の写真からもわかりますが、前の二つに比べて、油断すると焦げそうでした

④揚げ完了。

ちょっと焦げているところもありますね。

三品目での油断か・・・いや、ほかのに比べて色がつきやすかったです!

kenchico驚
kenchico驚

色がつきやすくて、油断すると焦げちゃうから注意

商品によってこんなに違うと気づきました~。

味・食感

今回は、胸肉ともも肉(各2枚、計4枚)で作ってみたのですが、

写真からもわかりますが、ほかよりもしっとりして胸肉も本当に柔らかくて食べやすかったです。

これなら本当に胸肉でも冷めても柔らかくていいですね!

前のから揚げ粉の感覚があるので、

揚げ上がりの際に、見た感じ、油切れが悪い?と思いましたが、

しっとりしているという事で、脂っこくは全然ないです。

ジューシーで、醤油の香りも香ばしかったです。

純和風!のから揚げって感じでした!

比較・まとめ

二つを作ってみて、

置き時間が3分と10分と、全く違うのでとても興味深かったです!

お肉を柔らかくするために、<お肉がソフトになるタイプ>はきちんと時間を置いて作ってみてくださいね♪

あげ時間は4分と3分でしたが、<お肉がソフトになるタイプ>は色がつきやすいので、焦げないように注意してください♪

味は、

香りたつスパイスと香味野菜の風味の方は香辛料が効いていてフライドチキンっぽい感じ

<お肉がソフトになるタイプ>は、醤油の味が香ばしい純和風な感じでした。

パパさん
パパさん

僕はから揚げは正義だからね❤どんな味も好きだよ~!!!

kenchico
kenchico

作ってみて、二つの違いにびっくりしたので、比較するために今回は第二弾・第三弾を一緒の記事にしました!

第二弾・第三弾は以上のとおりです♪

まだまだあるのでから揚げ粉シリーズ、次回もお楽しみに!

現在スタンバイのから揚げ粉たち♪
新しいの見つけたらまた買い足すつもりです~( '∇')ウフフフフ

第四弾・第五弾は伝説のからあげ二種(右上二つ)です!

最後まで読んでくださりありがとうございます(≧▽≦)❤

↓ポチお願いします❤


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました